今日から新年度ですが、すっかり暖かくなってきましたね!
小さなパソコン教室は、特に新年度でも変わらず営業しています。

教室のブログは、これまで放置気味になっていましたが、これからはぼちぼち更新して行こうと思っています。

今日は、最近増えているフレッツ光に関することについて書きたいと思います。
最近、生徒さんからフレッツ光に関するご相談をお聞きすることが増えてまいりました。
それは、NTTから料金が安くなりますので契約変更して下さい。というような電話がかかってきたという相談です。

これだけだと、NTTから親切に安くなるということを教えてくれたように聞こえますが、これはNTTから電話がかかってきているわけではありません。
NTTの名前を騙る別の会社からの電話です。

フレッツ光は、NTTだけと契約すればインターネットができるわけではありません。
必ず、NTTとセットでプロバイダという別の会社と契約しなければいけません。
このプロバイダというのは、いろいろな会社が何社もあって、料金もバラバラです。
OCNやビックローブ、so-netやぷらら というのがプロバイダという会社です。

先ほどのNTTを騙って電話をかけてくるのは、このプロバイダの代理店からの電話なのです。
先ほども書きましたが会社によって料金が違うので、ここを変えることによって料金が安くなるということなのですが・・・

ほとんどのケースで実際には料金が安くなるどころか高くなります。
また、変更前のプロバイダから違約金を請求されることもある場合があり、さらにお金がかかります。
さらに、そういうような悪質な代理店を使うような会社は、設備投資をあまりしていないことがあるらしく、同じフレッツ光でもインターネットの速度が遅くなってしまうことが多いらしいです。

だいたい、全うな会社だったら、NTTの名前を騙って(だますような)電話を掛けるわけありません。

なので、こういう電話があった場合は、「そういうのは詳しい息子にまかせているので・・・」とか「勝手に変えると怒られるので・・・」とか言って電話を切ってしまいましょう。
「いま忙しいので・・・」とか言うと、また後から電話がかかってくる可能性もあるので、自分に決定権がないような感じで切る方がいいと思います。
「興味ないので・・・」というような返答をすると、「何で?安くなるのに??」というような返答をされて切れないように話を持って行かれる場合もあるようなので気をつけましょう。

小さなパソコン教室では、インターネットの契約や料金に関するご相談も受け付けておりますので、もしわからないぁ?と思われる場合はぜひご相談下さい。
安いプロバイダのご紹介なども行っております。
(小さなパソコン教室は代理店ではありませんので、通常の授業扱いで受講料を頂いてご相談を受け付けております)